遺産分割調停とは? - 相続で揉めたときの調停について

相続で揉めたときの調停について > 遺産分割調停とは?

遺産分割調停とは?

被相続人が亡くなると、相続について親族で話し合いのこされた遺産をどうするかを決めていきます。
この時にスムーズに話が運び、お互いに納得しているのならば万事解決です。
でも収集がつかなくなると、親族だけでは限界があります。
遺産分割調停とは親族(相続人)の間で話がつかない時に、家庭裁判所を介して手続することを言います。

では本当に遺産分割調停で、問題は解決するのでしょうか。
ある男性のケースを紹介しましょう。

Aさんは、上に2人の兄を持つ3人兄弟の末っ子です。
しかしある日父親も病気で亡くしてしまい、遺産をどうするのか母親と兄弟で話し合いました。
でもそこで母親が、「父親の遺産は全て自分が引き継ぐ」と言ってきたのです。
言い分としては「父親の財産管理や葬式は全て自分が承っていたから、遺産を全て引き継ぐ権利がある」と言うのです。
確かに母親の言い分に相違はなかったものの、兄弟達はどうも腑に落ちない点がありました。
最近になり母親の金遣いが荒くなったというのです。

そこでAさんは兄弟と共に弁護士に相談し、母親に対して父親の遺産を明らかにするように通告しました。
しかし母親は通告を無視して、話は一向に進みません。
このままでは泥沼にはまり込んでしまうだけなので、家庭裁判所へ赴き「遺産分割調停」の申し立てを行いました。

そして何度か話し合いを行った結果、母親は父親の遺産を兄弟に一言も言わずに勝手に使い込んでいたのです。
これにはAさんを始めとする兄弟も、驚きを隠せません。
結果的に母親は自分が使い込んだ財産を引いた分を相続し、兄弟は残りの分を引き継ぐことになりました。
親子の関係は少々こじれてしまったものの、お互いに満足の行く形となりました。

もし遺産相続について親族同士が揉めに揉めて、一向に解決への糸口が見つからなければ、遺産分割調停に踏み切りましょう。
調停に持ち込めば、思いもよらない事実が判明するかもしれません。
1人で抱えたままでは、いつまで経っても問題は解決しないのです。