相続の手続きで揉めてしまったら - 相続で揉めたときの調停について

相続で揉めたときの調停について > 相続の手続きで揉めてしまったら

相続の手続きで揉めてしまったら

image

相続の手続きを行う際、家族間や遺族間で揉めてしまうことも多々あります。
誰が相続するのかという点はもちろん、誰にどれくらいの財産や資産が残るのかという点は、やはりトラブル・問題に発展していくことが多いです。
法律では、遺産分割に関しても配偶者や子供というように順位が決められています。
しかし、場合によっては遺書などが残されていて、そこで言及されていることもあるかもしれません。
また、被相続人が亡くなるまで介護した人がいれば、その介護した人も優遇されなくてはいけませんよね。
このように、相続というのは色々な問題が絡み合って複雑化することが多いです。
被相続人にとって、家族が揉めているというのは決して喜ばしいことではありません。
そのため、どうしても揉めてしまった場合は、調停なども活用していくことが必要です。
調停と言えば難しく聞こえるかもしれませんが、簡単に言えば第三者を交えて話し合う ということです。

家族間や遺族間で相続の手続きに関する問題が発生した場合、専門家を頼りましょう。
トラブル対応に慣れている弁護士や税理士も沢山いるので、頼りになります。
事実、調停をするのなら、この手の専門家の知識が必要となってくるでしょう。
ただ、相続というのは状況によってまったく違った状況となります。
場合によっては遺言書でまったくの他人に遺産相続の話が回るかもしれませんし、家族間でも介護などを担当した人に、多く財産や資産が残されるかもしれません。
また、被相続人が離婚している場合や再婚している場合、子供と離別している場合、配偶者が先に亡くなっている場合など、色々な状況で変わってきます。
そのため、どうしても自分で対処するのが難しいと思う場合は、やはり専門家に相談してしまった方が良いのではないでしょうか。
専門家であれば、やはり対応してもらえる範囲も広いので、安心して相談できます。

ただ、実際にどういう専門家がいるのかと言えば、やはりこの手の問題に強い弁護士や税理士が良いと言えるでしょう。
第三者と言っても、専門知識がない人が入ったところで、余計なトラブルや問題が増えていくだけかもしれません。
それなら、専門家の力を借りるというのが良いでしょう。
また、揉めるのを事前に防ぐためには、被相続人も相続人も生きている間にしっかりと話し合っておくということが重要です。
それらも含め、まずは生前にできることからしっかりやっておきましょう。