調停調書について - 相続で揉めたときの調停について

相続で揉めたときの調停について > 調停調書について

調停調書について

遺産分割調停により当事者同士が納得して話し合いがつけば、調書の作成へと入ります。
調書には債務名義・つまり誰に何を言われようとも決められた事柄を強制執行出来る効力があります。
でも実際に手に出来る調書は謄本で、正本ではありません。
これは一体どういうことなのでしょうか。

例えば調停において、「代償金として100万円を指定口座に支払う」と記述があったとしましょう。
調書に書かれていることは絶対的なので、必ず実行しなければいけません。
しかし調書の正本を債務者側に送達しなければ、強制執行は不可能です。
では何故、正本を発行してくれないのでしょうか。
遺産だけに限らず「家事事件」においては、正本では無く手数料を支払い謄本の申請が基本となります。
1枚だけならばまだしも何十枚となると、とんでもない金額がかかってしまいます。

考えられる理由としては、遺産の問題は言い換えれば家族間の問題になります。
例えどんな事情があったとしても、いきなり厳しい手段を取るのは好ましくないとの判断でしょう。
それよりも履行勧告・調停で決めた事柄を守らない人に対して、きちんと守るように勧告した方が良いと考えているようです。
だから正本ではなく謄本の発行を行い、対処していこうという訳です。

ただ正本を発行してもらおうと思えば、きちんとした手順を踏んで手続きをすれば発行してもらえます。
調停が終わったその日の内に発行してもらうのは流石に難しいかもしれませんが、出来るならばなるべく早く申請するようにして下さい。
もちろん後になってからでも出来なくはありませんが、担当書記官が違う人になれば難しくなるかもしれません。

正本発行の手続き方法はまず、家庭裁判所に赴き調停調書申請書を記入して提出します。
ただし申請したからとはいえ必ず手に入るという保証は無く、場合によっては断られてしまう恐れもあります。
もし調書の発行に対して不安を感じているのならば、直接家庭裁判所まで問い合わせるようにしましょう。